夫の勃起不全を治したい広島県民が知っておきたい事

広島県在住の方で、夫の大事な部分が勃起しない、または中折れしてしまうとお悩みの方はいらっしゃいますか。勃起不全を治療するのに泌尿器科を訪ねたい人もいるでしょうが、病院ではどんな診察をされるのでしょうか。そもそも勃起不全の定義はどんなものでしょうか。
勃起不全は、性行為を行うのに必要な分の勃起ができない、またはその状態を維持できない状態です。朝勃ちはするし、自慰行為をするのは問題なく最後までできるという夫も、妻を愛する場面になると問題が出てくることがあります。原因は、妻を妊娠させなければいけないというプレッシャーだったり仕事のストレスだったり色々です。その他にも勃起不全の中には、糖尿病や高血圧などの病気が原因になっていることもあります。たかが陰茎のことだと軽く考えず、一度病院で診てもらう方が安心できます。
でも、広島県の病院に行くのを恥ずかしがる夫も多いでしょう。女性にとって婦人科検診のハードルが高いように、男性にとっても泌尿器科はハードルが高くて恥ずかしい場所なのです。でも、安心して下さい。勃起不全の診察では、問診に加えて血液検査や心電図で健康状態をチェックするのが一般的です。いきなりお医者さんや看護師さんの前で局部を見せなければいけない事はほぼありません。もし、どうしても恥ずかしくて泌尿器科に抵抗があるなら、スタッフが男性のみのクリニックを選ぶことも可能です。看護師はもちろん受付スタッフに至るまで同性スタッフのみなら、夫の気恥ずかしさも幾分軽くなるでしょう。
診察後は、夫婦での性行為ができるようになるのが目的なら、勃起不全治療薬(PDE5阻害薬)が処方されます。有名なバイアグラやレビトラ、シアリスなどのお薬です。勃起不全の治療はまったく怖いものでも恥ずかしいものでもありません。広島県民の方も気軽に陰茎の悩みを解決して行きましょう。